読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

azusaya’s diary

あずさ屋日記 飛騨・信州便り

無事に国境を渡った冷やし甘酒のもと。 2000年3月3日パースへの旅 その6

f:id:azusaya:20150517123459j:plain 伊那谷ブルーです。

 

さぁ、いよいよパースです。

 

・・・と、その前に。

飛行機って、高いところ飛んでるから乱気流に乗ったりで機体が揺れるじゃん。

その時って必ずアナウンスが入るんだけど、

まぁ、気候が悪くてとか、そういうようなことを言うんだけど、

そのことを言う前に絶対、

「UNFORTUNATELY・・・」

って単語から始めるんだよね。

「UNFORTUNATELY」って「運悪く・・・」ってことじゃんよ!

そういう単語使わんでほしいよね。

大丈夫なん・・・??? って思うじゃんね。

まぁ、大丈夫だったんだけど。

 

そんで、まぁ、なんだかんだでパースに着いたのは23:00過ぎ。

入国手続きをして(これは全然イージー)、荷物を受け取るところへ。

荷物ありました。

何時間かぶりの荷物との再開です。

いやぁ、良かったよ。

ちゃんとパースまで運んできていただいて。

スーツケースの中には「甘酒のもと」が入ってるし。

しかも瓶だし。

これでパースでの甘酒ライフが楽しめるときたもんだ。

 

f:id:azusaya:20160523174750j:plain

            冷やし甘酒のもとのご注文はこちらから

 

なにせパースでの滞在期間5日ほど・・・。

その間に甘酒が恋しくなるに違いないって思って(なんのこっちゃ)、

危険を冒してまで持ってきた甘酒(ほんとはビールのほうがいいです)。

再び僕の手元に戻ってきてくれてほんとに良かったです。

 

荷物をもらって、「NOTHING TO DECLARE」の出口へ。

さぁ、いよいよほんとにパースです。

 

信州・飛騨の特産通販・お取り寄せは

暮らしを創る

あずさ屋で