読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

azusaya’s diary

あずさ屋日記 飛騨・信州便り

ローメン発祥の店「萬里」に行ってきた。

f:id:azusaya:20160201230844p:plain 南信レッドです。

 

この間、「秘密のケンミンショー」でやったあの食べ物、

そう、

ローメン

長野県は伊那名物の「ローメン」、

 

いなローメン

                 伊那名物「ローメン」のご注文はこちらから

 

その「ローメン発祥の店」とも言われる「萬里(ばんり)」さんに、

本日ローメンを食べに行ってきました。

車を走らせること我が自宅から1時間半ほど。

開店と同時にお店に(11時開店)。

 

f:id:azusaya:20170208180224j:plain

 

ちょうど暖簾を出しているご主人に、

ローメンを食べに来ました」と一言。

開店と同時だから、当然お客は僕一人。

早速ローメン(700円)を作っていただきました。

 

f:id:azusaya:20170208180327j:plain

 

テーブルには初めてローメンを食べる人のために「ローメンのおいしい食べ方」なるものが置いてある。

 

f:id:azusaya:20170208180456j:plain

 

僕は初めてだったので、一通り読んではみたが、

ご主人に初めてだと告げると、

なんと、ご主人が調味料をかけてくれた。

まずは調味料をかける前にスープを一口。

うすくちでちょっと甘めな味。

このスープを自分なりにアレンジしていくという食べ方らしい。

ご主人が慣れた手つきで調味料を入れていってくれる。

まずソース。

次にお酢、そして最後にごま油。

あとはお好みでトウガラシやおろしにんにくなどをいれるらしい。

かき混ぜたスープを一口飲んでみる。

 

さっきと違う・・・。

 

そして麺もいただく。

ちょっと太めの麺。

具にはキャベツと羊肉。

羊の肉もやわらかく、臭みもそれほど気にならない。

今日はあとに予定があったので、にんにく入れなかったけど、

にんにく入れたらさぞおいしいだろうなぁ・・・、

と思いながらいただきました。

次回は是非にんにくを入れていただきたい!!

しっかりローメンを堪能して店を出たのが11時45分ころ。

僕が店を出ると同時にサラリーマン風の方たちがバタバタっと入って行った。

伊那の人たちに愛されるローメンなんだな・・・、

と思いつつ店をあとにしました。

 

信州・飛騨の特産通販・お取り寄せは

暮らしを創る

あずさ屋で