azusaya’s diary

あずさ屋日記 飛騨・信州便り

太くて食べがいのある飛騨納豆喰豚山椒ソーセージ

 f:id:azusaya:20160607170024g:plainゴン太まげたくんの独り言

 

地産地消

できる限り地元にこだわり作り上げた商品が

飛騨納豆喰豚山椒ソーセージです!!

 

飛騨納豆喰豚 山椒ソーセージ_05

 

飛騨地方には

飛騨牛と並び納豆喰豚(なっとくとん)と言う優れた豚肉があります

その納豆喰豚に

江戸時代に天領だった飛騨の郡代が徳川将軍にも献上した

最高級の山椒と言われる香り高い奥飛騨の山椒を

練り込み最高に美味しいソーセージを作りました

 

<飛騨納豆喰豚>

納豆喰豚は南飛騨の恵みある自然の中で生れました

一番の特徴は

豚肉の名前の由来にもなっている納豆の粉末を与えている事です

納豆を食べることで胃腸の強い豚が育ち

その結果肉質が良くなります

良質でストレスの少ない納豆喰豚は

臭みが少なく柔らかくて甘みのある脂質の豚肉となりました

今では飛騨を代表するブランド豚として

水・飼料・飼育環境にこだわりぬいて

大切に育てた豚肉を飛騨納豆喰豚と言います

 

美味しさの秘訣

飼料に粉末納豆を混ぜて食べさせる事によって

 胃腸に負担がかからなくなりスクスク元気に育ちます

※納豆の良さは皆さんもご存じのとおり

 豚さんも食べれば元気になりますよね(*^^)v

 

豊富なビタミンEの飼料によって肉の鮮度が長持ちします

 

素材の美味しさを引き出したり鮮度を保つ働きのある

 エレン水を全ての豚に与えて育てています

 

極力ストレスを与えないように冷暖房を導入して

 納豆喰豚が快適に育つ様に工夫をしています

 

常に高品質で安心安全をお届け出来るように努力しています

 

<飛騨山椒>

名前のとおり

飛騨納豆喰豚山椒ソーセージには

有限会社 飛騨山椒さんの山椒を使用しています

飛騨山椒さんの凄いところは

手間を惜しまず機械に頼らず製品化しているところです

創業以来

天日干しにこだわり良い物を作り続けています

 

標高が800m前後で

土と水に恵まれ山に囲まれた奥飛騨でこそ出来た

香り高い山椒が生まれました

 

飛騨山椒は

7月末から8月にかけて実をひと房ずつ収穫していきます

陰干しと日干しをして種と皮に分けて

注文がある分だけ

皮を石臼で挽いて山椒を作っています

乾燥機を使用すれば

綺麗な仕上がりで効率が上がり生産性も上がりますが

その分香りが失われると言います

だから創業以来

同じ製法で香り高い飛騨山椒を作り続けています

 

 クリックで飛騨山椒さんHPへ

 

手間と動力を惜しまず

香り高い飛騨山椒を飛騨納豆喰豚に練り込み作り上げたのが

飛騨納豆喰豚山椒ソーセージです

 

食べ方は 

細かく刻んでサラダのトッピングに!

炒飯の具材にも使えます!

スライスしたソーセージをお子様のおやつ代わりに!

 

良く冷やしたソーセージに

レモンやかぼす等の柑橘系をほんの少したらして

ダントツそのまま食べるのが良いです!!

でも個人的には

マヨネーズに付けて食べるのもグッドです(^^)v

そして

少し焦げ目を付けたら

アルコールに良く合うツマミにもなりますよ!

 

アレンジ次第で食卓を華やかにする

飛騨納豆喰豚山椒ソーセージをどうぞお楽しみ下さい

飛騨納豆喰豚 山椒ソーセージ_01


  

信州・飛騨の特産通販

お取り寄せは暮らしを創るあずさ屋で!