読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

azusaya’s diary

あずさ屋日記 飛騨・信州便り

天災は忘れた頃にやってくる 飛騨のさるぼぼ

f:id:azusaya:20150512145312p:plain飛騨のかっぺたん 

 

いつ起こってもおかしくない

とされる

東海地震

(または、南海トラフ大震災)

f:id:azusaya:20160902165441p:plain

大難は、小難に

小難は、無難に

してくれるご利益があるとされる

 飛騨のさるぼぼ・・・

 

 実際事が起こったときに守ってくれるのは、

自分自身。

 自助努力は怠りたくないものです。

 

 建物の耐震化

 室内設備の耐震補強

 事後のさまざまな出費から生活を守る保険。

 

 などなど・・・

 

かっぺのうちは、

 築5年を超えたところなので、

新基準で審査を受けています。

f:id:azusaya:20160902165500p:plain

 かといって、最新の自身に対する備えである、

免震対策は施されておらず、耐震化なので

倒壊から命を守ってくれても、

建物自体へのダメージは確実にありますので

後の修理が必要となり、地震保険の加入は必須。

 

 火災保険は保険期間を長入れば入るほど保険料が安く済むので

10年で加入しています。(地震保険は最高で5年まで)

 建物から、駐車場の屋根付きガレージ、オプションの物置まで

保障対象になってます。

 

 数十万円の出費でしたが、

雨・風雪・雹・火災・いたずら・などなど

すべてをカバーしてくれます。

 

4年目の豪雪で物置の屋根が破損しちゃって

しっかり、保険で直して貰ったのですが、物置の土台からやり直していただいたので

修理に20万円以上かかっちゃって・・・

 そんなかんなで、保険料は元がとれちゃいそうですね。

安心料もあるし・・・

やっぱ

 備えあれば憂いなし!

・・・ですねっ!

 

飛騨のさるぼぼ

は、

おばあちゃんが

孫が毎日幸せにすくすく育つことを祈って

手作りで

作ってあげたものが始まりです。

 

f:id:azusaya:20150710140539j:plain

 

     飛騨のさるぼぼ

   飛騨のさるぼぼ

信州・飛騨の特産通販・お取り寄せは
暮らしを創る
あずさ屋で