読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

azusaya’s diary

あずさ屋日記 飛騨・信州便り

飛騨のさるぼぼも見守ってるよ! 小学生の悩み

f:id:azusaya:20150512145312p:plain飛騨のかっぺたん

 

小学生にも

悩みはある。

 

自分も

悩みというか、疑問というか

なんか、

あったなぁ・・・

 

ある企画で

 小学生の悩みを経営者・役員がそれについて

回答するというのがあった。

 

 小学生の悩みで

1番多いのは、

「なぜ、勉強せんといかんの?」

2番目は、

「友達ができないんですけど・・・」

そして

 

3番目には、

「死んだあとどうなるの?」

・・・と続く・・・

 

会社経営者や、役員さんはどんな回答をしたのか?

 

それは、ここでは、明かさないので

それぞれ、

そんな疑問を持つこどもたちに回答を考えてみてはどうだろう・・・

 

じつは、

上位3つの悩みというか疑問は自分も子どものころ常日ごろ

思っていたことでもある。

 

2番目の項目に関しては、

とってもあほだったので、

友達を笑わせることに生きがいを感じていたというか・・・

そんな感じで

おもしろがって一緒に遊んでいただける方は結構いたので

「・・・がいないんですけど・・」

ってことはまったくなかった。

 

(むしろ、結婚してからほんと社会が、家族と会社だけになってしまって

  どっちかっていうといまその悩みかもしれない。

   十分やることあって求めていないこともあるけど・・・)

 

3番は、もうすぐわかると思うし、(自分は・・・)

1番は、勉強(広い意味ではなく教科書に基づいたもの)から遠ざかって

1年もすると、なぜの疑問の答えが明確になってくると思う。

たとえ、大人にそれを聞いても100%納得できることは少なくて、

実際に社会人になってから痛切にその答えを突きつけられる

そういうもんだと思う。

 

 決して、答えが出なくても

そういうことに悩むこと、疑問を持つこと、考えることが

自分を成長させると思うので、

 

 

そこは、

なんもかんがえん子どもと、明確に違ってくると思う。

 

 長い夏休み

ぼーっと青い空でも眺めながら

いろいろ瞑想にふけってほしいと思う。

 

とにかく、

答えなんかでなくてもいいから・・・

 

いろんなとこに疑問を持っていろいろ考えながら

こどもには健やかに育ってほしい

 

 ただただそう思う・・・

 

飛騨のさるぼぼ

おばあちゃんが

孫が毎日幸せにすくすく育つことを祈って

手作りで

作ってあげたものが始まりです。

 

f:id:azusaya:20150710140539j:plain

 

     飛騨のさるぼぼ

   飛騨のさるぼぼ

信州・飛騨の特産通販・お取り寄せは
暮らしを創る
あずさ屋で