読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

azusaya’s diary

あずさ屋日記 飛騨・信州便り

国産はちみつと恋人の日

ゴン太まげたくんの独り言 国産はちみつ

f:id:azusaya:20160607170024g:plainゴン太まげたくんの独り言

 

こんにちは 

この前 お茶に女子会ランチで

ものの見事に捨てられた

ゴン太まげたくんです!

 

洗濯とお風呂掃除は

鬼嫁の絶対命令だったから

言うまでもなく 済ませたけど

『お小遣いあげるから』の言葉に

年甲斐もなく頑張っちゃったのよ!

 

玄関の掃き掃除に窓拭きでしょ

それに廊下のワックス掛け

昼食時にシンクも少しだけ・・・

 

4時近かったと思うけど・・・

 『ただいまー』

 『久しぶりだったから 楽しかったわ』

 『洗濯とかも ありがとー』

f:id:azusaya:20160607170024g:plain

 『約束通り頑張ったんだから

   お小遣いをちょーだぃ♪』

 『あらッ しっかり覚えてたのね』

 

そんなやり取りをしつつ

嫁がサイフに手をかけた

 

最低樋口一葉一枚は

もらえるかなぁ~(^.^)

もしかして・・・

福沢諭吉を奮発してくれるかなぁ~(^.^)

内心 ワクワクしながら期待していたのに

 

 『あらッ 無いわ?』

 『あんたに福沢諭吉は絶対あげれないし』

 『樋口一葉と思ったけど無いわ』

 『今日は野口英世一枚で我慢してね』

 

このぉークソ鬼嫁~

出すもの 出しやがれぇ~~(-_-メ)

(絶対声に出来ない 心の叫びです)

 

 『来月の小遣いを上乗せするからね』

そのあま~い嫁の言葉で

すべてを許してしまう

ゴン太まげたくんでした(#^.^#)

 

本トーはすねていたんだけど

縁側で黄昏ていたら

嫁が大きなマグカップをひとつ持って

ゴン太まげたくんのとなりに・・・

はちみつたっぷりの少し甘めの紅茶を

ふたりで・・・・

 

夫婦水入らずの恋人の日でした

 

 国産はちみつ(信州産)

f:id:azusaya:20150807094838g:plain

国産アカシアはちみつ 

f:id:azusaya:20150807094857j:plain

↑ あずさ屋で絶賛販売中!

信州・飛騨の特産通販・お取り寄せは
暮らしを創る
あずさ屋で