読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

azusaya’s diary

あずさ屋日記 飛騨・信州便り

最後の最後のさるぼぼ様頼み。

f:id:azusaya:20160201230844p:plain 南信レッドです。

 

11日と12日。

ウチの中3の娘の中学生生活最後の戦いの第1ステージ。

とりあえず次に進むことができました。

第2ステージ(南信大会)へと・・・。

 

11日は団体戦。

卓球の団体戦はシングルス4人とダブルス1組による1チーム編成。

先に3勝した方が勝ち・・・、

というもの。

最初は順調に勝ち進み、

初戦から4戦目までは娘たちのダブルスも負けなし。

そして迎えた4戦目。

前回の試合では3位決定戦で勝ったチームだったような・・・。

このチームに負けてしまう。

そして続く5戦目。

前回大会の優勝チーム。

いつもこのチームには娘の中学校は負けてしまう。

が、

ダブルスだけはいまだかつて負けなし。

競って競って、

フルセットの末、

最終セット8-11という負け。

娘は泣きに泣いたそうです。

最後にもう1試合あったのに、

涙が止まらず、最終試合に出ることができず、

別のダブルスチームが代わりに出るという始末。

結局、この最終試合で勝てたので、

総合3位となり、第2ステージへと駒を進めることができた。

第3ステージまでは楽勝クリア・・・、

と思っていたのに、なんとも危なっかしい第1ステージのクリアでした。

 

そして12日の日曜日の個人戦。

個人戦の方では上位32人が第2ステージに行ける。

娘は見事にそこに残り、第2ステージへ。

 

危なっかしくも第2ステージにいけることになったのも、

日頃の努力と幸福のさるぼぼストラップのおかげでしょうか。

娘のラケットケースにはさるぼぼストラップがぶらさがっております。

そして、いつも心の支えになってくれてます。

ありがとうございます。

幸福のさるぼぼ様・・・。

 

さるぼぼ幸福ストラップ

              幸福のさるぼぼストラップのご注文はこちらから

 

 

 ということで、団体戦、個人戦共に第2ステージに行けることになった。

勝って笑ったり、負けて大泣きしたり・・・、

思いっきり青春してる娘がうらやましく思えました。

 

信州・飛騨の特産通販・お取り寄せは

暮らしを創る

あずさ屋で