読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

azusaya’s diary

あずさ屋日記 飛騨・信州便り

JuneBride(6月の花嫁)と入梅 国産はちみつ

かっぺたん雑記 国産はちみつ

f:id:azusaya:20150512145312p:plain飛騨のかっぺたん

 

純粋アカシア

国産はちみつ(信州産)

ってほんとうにおいしいですね。

 

一度これを味わうともう、他のには戻れません。

瓶詰めされた中身も無色透明でとってもきれいです。

その国産はちみつの旬もちょうど、

いまの時期なのですが・・・

 

さて、

先日、話題に上りましたが、

6月に結婚式を挙げた花嫁は

幸せになるといいますね。

 

 しかし、

さかのぼって謂れを調べてみると

バレンタインにチョコを贈る・・・と同じ

日本のブライダル市場の企業戦略だったようで、

 

6月といえば、

梅雨。

雨が多くて、じめじめしてて、

 結婚式に、

着物をきる人が多かった時代は、

この雨の季節を嫌ったため

 梅雨の真っ只中である6月を避ける傾向にありました。

ですので、結婚式場は6月は閑古鳥・・・

料金を多少安くしても、一向に予約が入りません。

 

そこで、

6月の月名である「JUNE」と、

ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」の由来。

6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。

この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう、

という言い伝えを利用して、

キャンペーンを行ったのが始まりとされています。

 

まあ

企業戦略といっても、

6月が結婚をつかさどる女神の月であることには、

かわりないわけで・・・

 

さて、

ホントのところは

実際どうなのですかねぇ・・・

 

かえったら、

国産はちみつ入りのレモンティーでも飲みながら

それとなく

f:id:azusaya:20160610082012p:plain

JuneBrideの元花嫁に

きいてみることにしようかな?・・・

 

 あっ そうそう・・・

 あしたは、

お友達と山梨に

f:id:azusaya:20160610081950p:plain

「サクランボ狩り」に

気心の知れた会社の同僚のみなさまと一緒に

いくってうきうきしてました。

 なんか、最初は二人だったけど、

話を聞きつけてだんだん増えて5人になったとか(*^_^*)

生き馬の目を抜くという組織の中で

けっこう、

うまくやってるんだな

・・・て安心しました。

 

じぶんは、

ありがたいことに

いまだにあいてにしてくれる

むすめと遠出のお買い物に行ってきます。

たぶん、(まちがいなく)懐目当て・・・(~_~)

 

 まぁ、

そんな感じでお互い笑顔で

毎日が過ごせたら

それは

しあわせといえるのでしょうね・・・

 

純粋アカシア

国産はちみつ(信州産)

f:id:azusaya:20150807094838g:plain

国産アカシアはちみつ 

f:id:azusaya:20150807094857j:plain

↑ あずさ屋で絶賛販売中!

信州・飛騨の特産通販・お取り寄せは
暮らしを創る
あずさ屋で