読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

azusaya’s diary

あずさ屋日記 飛騨・信州便り

蜂の子の甘露煮!たぬきの虫食中級編。

f:id:azusaya:20151024103247j:plain 飯田のずくなしたぬきです。

 

先日、たぬきにとって虫食の初級編はイナゴであると書きました。
当たり前の事ですが、 「じゃ~中級は何?」
とのツッコミをいただきました。

 

お答えします!
「蜂の子」です。
(ピスタチオっぽく脳内再生してください (^^ゞ)

f:id:azusaya:20160416145416j:plain

なぜ「蜂の子が中級」なのかですが
イナゴより食べる事に勇気を必要とするからです。
そしてその理由は…
単純にビジュアルです。


昔は高価でなかなか手に入らないし
大人達が酒のつまみに食べていて
「子供には贅沢だ」的な空気も漂っていました。
ですから正直興味はあっても見る機会はなかった気がします。


そんなたぬきが覚えている初めて見た時の印象は
「ワ~ム」系が苦手なたぬきにとって
衝撃的であり子供心に絶大な破壊力をもたらしました。


それからは「食わず嫌い」の筆頭になりました。
いや~、子供の頃は本当に苦手でしたね~(^_^;)

 

そんなたぬきも歳をとり
酒の味を覚えると同時に
いろいろな知識を吸収し
そんなに悪くもないんじゃないか
と思えるようになってきて
今では蜂の子も無事にクリアーできております。

 

ところで先人が考え出した「甘露煮」って
すごい調理方法だと思いませんか?
あくまで個人的な意見ですが
イナゴにしても蜂の子にしても
甘く煮詰める事で虫感がなくなりますし…
虫食の入口の調理方法としては
かなりベターだと思います。

 

皆さんも、あずさ屋のイナゴと蜂の子の甘露煮で
虫食を楽しんでいただけると嬉しいです。

www.azusaya.co.jp

www.azusaya.co.jp

 

さて、初級・中級ときたら上級もあるのか?
たぬきの個人的な虫食ランク付けは
まだまだ続く…かな…f(^ω^;

 

www.azusaya.co.jp