読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

azusaya’s diary

あずさ屋日記 飛騨・信州便り

妊婦に優しい県は?さるぼぼの生まれたところ・・・

かっぺたん雑記 さるぼぼ

f:id:azusaya:20150512145312p:plain飛騨のかっぺたん

 

飛騨のさるぼぼは

おばあちゃんが

孫が毎日幸せにすくすく育つことを祈って

手作りで

作ってあげたものが始まりとか・・・

 

女性が妊娠すると

赤ちゃんの様子を確認するために

定期的に病院に行く必要があります。

厚生労働省は、

「妊婦が受診することが望ましい健診回数」

は14回としています。

f:id:azusaya:20151126152759p:plain

それでは、

負担になるのが

受診料。

そこで

市区町村が負担してくれるのが

「受診票」

です。

受診票が14枚あっても、

その負担額はそれぞれまちまち・・

足りない分は

自腹になります。

 

それでは、

都道府県別の

妊婦受診公費負担額ランキング

はどうなのでしょう・・・

 

公費で負担してくれる額がいちばん多いのは

1位 岐阜県 118042円

2位 山口県 116315円

と続き

47位 神奈川県 63455円

全国平均は 97494円になっていますので

もっとも公的負担額の多い岐阜県と少ない県の差は、

なんと

54587円にもなり、

全国平均から見ても

2万円強の差が出ています。

もちろん

必ずしも

お金をたくさん出しているから

環境もよいとは、

一概に言えませんが、

子育てにかかる負担をどれだけでも

軽減しようという

県の努力は見て取れます。

f:id:azusaya:20151126152910p:plain

飛騨の高山市では、

病気(風邪等)の子供を

保育園に預けられない

時のために一時的に子供を安心して預けられる

「病児保育室」

を開設し、

働くお母さんをバックアップしています。

 

いろいろな、側面があり

少子化対策は一筋縄ではいきませんが、

 

人々の子供に対する

優しい気持ちが生んだ

さるぼぼ

の故郷ですから、

きっと

妊婦さんにも一番やさしくありたいと思っているのだとおもいます。

 

飛騨のさるぼぼ

は、

人の子を思うやさしい気持ちからうまれました・・・

 

f:id:azusaya:20150710140539j:plain

 

    飛騨のさるぼぼ

   飛騨のさるぼぼ

信州・飛騨の特産通販・お取り寄せは
暮らしを創る
あずさ屋で