読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

azusaya’s diary

あずさ屋日記 飛騨・信州便り

国産はちみつのようにあま~い二人に聞いてみたら

かっぺたん雑記 国産はちみつ

f:id:azusaya:20150512145312p:plain飛騨のかっぺたん

 

大好きな人との結婚が決まった人、

いま”はちみつ”のように

あま~い新婚生活を満喫中の人。

ぞれぞれだろうが、

 

昨年末に

夫婦別姓禁止「合憲」

かどうかの裁判が最高裁判所

行われ

夫婦別姓禁止”について

「合憲」

だという判決がだされたことは記憶にあたらしい。

 

原告の方たちは涙を流して悔しい思いをされていた

ということだが、

そもそも一般的な世論はどうなのだろう。

 

ある機関が調査したところ、

夫婦別姓禁止について賛成か反対かという質問に対し、

反対が46%だったのに対し、

結婚前の男女に、

彼もしくは彼女の姓になることにたいし

抵抗があるかと聞かれると

ないもしくは、どちらかの姓になることがうれしい

とこたえる男女が9割を超える。

 

好きな人と同じ姓を名乗れることが、

結婚を実感する。(幸せに感じる)

という意見や、

結婚しても通称として改正後の名前を使えるし、

法律では、男女どちらかの・・・といった

選択肢がきちんと与えられているので

問題ない。

といった意見が大半を占めている。

 

原告の方たちがそのことにより

どんな苦しみや不都合を味わったのか計り知れないが、

すべて、

一度の裁判で法の下に

良い悪いと決めてしまわれるより、

判決どおり、

国会でよく議論されるべき課題なのだろうと思う。

 

私の場合は、

両親が両もらいという

ちよっと複雑な

環境にあったため、

みっつの姓のいずれかになる可能性があった。

みっつとも間違いなく文房具屋さんに行けば一発ではんこを見つけられる

苗字だったので

現状に満足しているし

それについて深く考えたこともない。

 

家内も私の苗字を名乗ることになって

役場や病院で苗字を呼ばれたときに

しばらくは、

結婚したんだ・・・

ということを実感し

すこしうれしかったという。

(あくまでもそのときは・・らしいが(~_~))

 

そのときの気持ちに

少しでも

戻っていただけるよう、

国産はちみつをいれた

ホットティー

でも淹れてあげるとしようか・・・

f:id:azusaya:20151212160735p:plain

 

純粋アカシア

国産はちみつ(信州産)

f:id:azusaya:20150807094838g:plain

国産アカシアはちみつ 

f:id:azusaya:20150807094857j:plain

↑ あずさ屋で絶賛販売中!

信州・飛騨の特産通販・お取り寄せは
暮らしを創る
あずさ屋で