読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

azusaya’s diary

あずさ屋日記 飛騨・信州便り

今度は「すんき漬け」&「甘酒」が!

f:id:azusaya:20151024103247j:plain 飯田のずくなしたぬきです。

最近、あずさ屋の取扱い商品と同種の物が
テレビの情報番組や健康番組によく取り上げられていますが
3月19日放送の「世界ふしぎ発見でも
長野県木曽地方独特の「すんき漬」
ここのところブームにもなっている「甘酒」
取り上げられました。

 

f:id:azusaya:20160320093937j:plain
すんき漬写真 あずさ屋ホームページより

木曽のすんき漬は
塩を使わない乳酸発酵のお漬物として
ここ何年か様々なマスコミに取り上げられ
知名度もかなり上がってきています。

最近は特に腸内細菌に注目が集まり
乳酸菌の研究も盛んに行われているのですが
すんきに含まれる乳酸菌は
花粉症の人におすすめの乳酸菌である
という研究もされています。
番組の中でも
その視点で取り上げられていましたね。

f:id:azusaya:20160320093857j:plain
あずさ屋のページでも説明がされていますので
気になる方は上の図をクリックして確認してみてください。

 

番組の最後で黒柳さん
「すんきを何としても手に入れたい」
と仰っていましたが
残念ながら純粋なすんき漬はこの時期には
手に入らないと思います。

理由としましては
すんきは各家庭で代々伝わる自家製のお漬物として伝わっており
毎年「タネ」と言われる乳酸菌の付いた前年のすんきに
新たに赤カブの葉を足して漬け込んで作られています。

最近はその人気から工場生産もされるようになりましたが
それでも流通量に限りが有り
今の時期には売り切れてしまっています。
ただしこれは、本当にこだわった商品の場合ですけどね。

あずさ屋でもこだわりのすんき漬は現在売り切れです。

 

しかしながら、木曽のすんきの「タネ」を使い
野沢菜などに塩などで味を調整した
すんき風のお漬物は今でも販売をしています。
ただこちらの商品も大変人気で
入荷してもすぐに売れてしまう状態が続いています。

すんきをお取り寄せになりたい方は
「本物のすんき漬」「すんき風のお漬物」
がある事をお忘れなく。

あずさ屋ではどちらも取り扱っていますので
すんき購入の参考にしてください。
購入もあずさ屋でお願いしますね f(^ω^)

 

本物のすんき漬のページです↓

www.azusaya.co.jp

 

 

すんき風お漬物のページです↓

www.azusaya.co.jp

 

 

信州のソウルフード「おやき」にも入っています↓

 www.azusaya.co.jp

 

 

 

www.azusaya.co.jp