読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

azusaya’s diary

あずさ屋日記 飛騨・信州便り

本物を求める人に!”野生種ぶるぅべりぃ”!!

かっぺたん雑記 野生種ぶるぅべりい

f:id:azusaya:20150512145312p:plain飛騨のかっぺたん

 

ヨーグルトのトッピングなどにして

食べると

おいしい

いろんな

ドライフルーツがありますよね。

 

 でも

どうせ毎朝食べるなら

健康にいいものを選びたいものです。

 

 そこで、

いちおしの

ブルーベリーがあります。

 

その名も

「野生種ぶるぅべりぃ」

 

はて?

 

野生種ってなんだ?

f:id:azusaya:20160310150620p:plain←ぼく野生種

 

調べてみた・・・

 

 野生種とは・・・

栽培・飼育化されている作物,家畜と同一種あるいは近縁種のもので,野生の生物種のこと。とくに作物,家畜の直接の祖先とされる野生種は野生祖先種といわれる。

 

 その対極にあるのが

栽培

f:id:azusaya:20160310150658p:plain

 そもそも

どっちが、どうなの?

 簡単にいうと、

栽培種は人間さまが、収穫しやすいように、人がおいしくたべられるように

人工的に改良を加えられたもの。

 

 現代では、地域で作られるほとんどが栽培種となり、

その栽培種と野生種との自然交配もおきてきて、

もはや、純粋に原種と呼ばれるものは

ほんとうに希少なものになってきています。

 

 ブルーベリーは、

栽培種のほうが粒が大きく、たくさん収穫するのにむいています。

その分特徴である青い色は、野生種に比べて薄いのが特徴です。

 

 その青をつくる成分が、

体に良いアントシアニン

  ポリフェノールの色

 

現在は、野生種のブルーベリーは

 北アメリカのごく一部にしか、自生していないので

大変貴重なものになってしまっています。

 

あずさ屋で販売している

  ぶるぅべりぃが、ブルーベリー

じゃないのはそこなのです。

 

 栽培種すべてでは、もはや300種を超えるとされる

ブルーベリー。

 野生種ならではの、自然な酸味のおいしさが、

私たちの健康な一日をバックアップしてくれるでしょう。

  

”野生種ぶるぅべりぃ”

 

f:id:azusaya:20160310143439j:plain

信州・飛騨の特産通販・お取り寄せは

暮らしを創る

あずさ屋で